« 花ざかり | トップページ | 出来ました »

2009年5月 9日 (土)

ジオパーク

今日は「山陰海岸ジオパークフォーラム」が、午後1時半~4時半 アグリセンター大宮で開催されました。

ジオパークとは地質学的に重要で貴重な地層、岩石、地形、火山、断層などの地質遺産を複数含む一種の自然公園のことです。地質遺産を保全・保護するとともに、研究・教育活動や観光などに活用することで、地域振興につながることが大いに期待されています。現在、ユネスコが支援する「世界ジオパークネットワーク」には、世界の57か所のジオパークが加盟しています。日本では、昨年12月に山陰海岸をはじめとする7地域が日本で初めて「日本ジオパーク」として日本ジオパーク委員会から認定されました。

山陰海岸ジオパークは、鳥取県の白兎海岸から京都府の経ヶ岬までで、小天橋の海岸も山陰海岸ジオパークに含まれています。ここには、日本列島の誕生の記録を発見することのできる貴重な地質がたくさんあります。現在、山陰海岸ジオパーク推進協議会では、世界ジオパークへの認定に向けた取り組みを進めています。

今日のフォーラムは、総長カレーで有名な前京都大学総長の尾池和夫先生の講演や、パネルディスカッション等が行われ、200名余りの方の参加がありました。ジオパークと地元の貴重な資源について考えさせられる、意義深い会でした。

京丹後おかみさんの会のメンバーで、受付のお手伝いをさせていただきました。20090509_1332_2

写真はカメラを忘れてしまい、携帯で撮ったので、思いっきりぶれてしまい、せっかくの美人が・・・・。

今日は壮大な日本列島の歴史や地質について勉強でき、少し賢くなったような・・・一日でした。

|

« 花ざかり | トップページ | 出来ました »

おかみが行く」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジオパーク:

« 花ざかり | トップページ | 出来ました »